経年劣化した和式トイレの事ならクラシアンへ

和式トイレのリスクを知り尽くすクラシアン

現在ご自宅で和式トイレをご利用の場合、既に設置から相当数の年月が経過しており、水回りのトラブル発生の可能性が十分想定されます。全国各地からクラシアンに寄せられる水回りトラブルのご相談の中でも、和式トイレに関するそれらの比率はダントツです。こうした状況下で皆様ご自身が自己判断で強引に復旧を試みられた結果、更に状況を悪化させてしまう展開も数え切れず、まずはクラシアンのコールセンターの対応担当者がお届けする初期対応に沿い、元栓を閉めてクラシアンのスタッフの現地到着をお待ちいただくのがベストです。

ちなみに多く見られる誤対応としては、和式便器の詰まりに対し、強引に複数回水を流し続けることで逆流、水が溢れ出すことがあります。それ以外にハイタンク式の貯水タンクから水が流れない際に、強引に取っ手を引き続けることで破損したり、あるいはフラッシュバルブを強引に踏み込み過ぎた結果、破損から大量に漏水したりといったケースが挙げられます。いずれも力任せの強引な行為が招く結果であり、和式トイレ内の水回りトラブルに際しては、元栓を閉めた上での現状維持が鉄則です。

特に長年使用を続けている場合、各排水管同士のジョイント部分の緩みや隙間の発生、更には繰り返し使用するレバーの内部のシステム自体の破損など、専門知識と工具類無しでは対応不可の原因が幾つも想定されます。出動から1時間以内の現地到着を目標に年中無休で対応を続けるクラシアンにご一任の上、まずは的確な原因の特定が欠かせません。クラシアンの出張サービスは作業着手段階手前の見積提示までは全て無料ですので、初期対応に際しての費用面を気にされず、速やかにコールセンターに電話することができます。

更にクラシアンでは、経年劣化が顕著、あるいはご利用に際しての身体面のご負担軽減を目的に、和式トイレから洋式トイレへのリニューアルをご検討の皆様からのご相談にも誠実対応を続けています。豊富な経験を通じてのデータに基づき、限られたトイレ空間を最大限効果的に活かした、新たなトイレ環境の構築にさまざまなアイデアをお届けしています。無料ご相談窓口へのご一報から、ぜひクラシアンと二人三脚でプランを進めていただければ幸いです。経年劣化その他の理由でトラブルのリスクが避けられぬ、あるいは使用に不具合をお感じの和式トイレに関するご相談は、迷わずクラシアンへ先ずはご相談することが大切です。出張費用無料のクラシアンのスタッフが、日時指定した希望のタイミングで来てくれます。

最新投稿

  • [2017年02月16日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月16日]
    運営者情報を追加しました。